3次元空間解析クラウドサービス(KKC-3D)とは?

i-Constructionの導入が進められている建設・土木分野では、3次元データの活用が必須となっています。一方で、3次元データの解析作業には高度な知識が必要であり、処理を行うソフトウェアが高価であるなどの課題もあります。 3次元空間解析クラウドサービス(KKC-3D)は、3次元データの解析作業を簡単に実施できるサービスです。解析はクラウド上で行うため、お客様はソフトを購入・インストールする必要はありません。

情報化施工i-Constructionに対応
KKC-3Dのアウトプットは、国土地理院の「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」(平成29年3月改訂)に準拠しており、i-Construction関連業務にご活用いただけます。

ドローン等で撮影した写真から簡単に3次元データを作成

KKC-3Dでは、専門的なアルゴリズムにより、複数の写真から3次元データを生成します。ドローン撮影した写真だけではなく、地上撮影のものも利用可能です。

サービス概要図
専門知識は不要
3次元解析には測量に関する専門的な知識が必要ですが、本サービスではその知識がなくても簡単に3次元データを作成できます。
初期投資は不要
3次元解析を行う専門のソフトウェアは非常に高価ですが、本サービスは特定のソフトウェアを購入することなくご利用可能です。
短時間で完成
撮影データをアップロードしてから最短で1日で3次元データが完成します。(撮影データの品質やデータ量によって所要時間は変動します)

システム画面イメージ

  • システム画面イメージ

    ジョブ一覧画面

  • システム画面イメージ

    ジョブ登録画面

  • システム画面イメージ

    作業成果受取画面

3次元データの作成例

3次元データは、3Dメッシュ、デジタルオルソ画像、数値地表モデル(DSM)等でダウンロードでき、i-Construction関連のマニュアル・要領で定める成果を作成できます。

  • 3Dメッシュデータ

    3Dメッシュデータ
  • デジタルオルソ画像

    デジタルオルソ画像
  • DSM

    DSM
  • 出来形管理図(法面)

    出来形管理図(法面)

※ 本ページに掲載しています撮影画像やデータ作成例は、大成建設株式会社様(気仙沼市防災集団移転促進事業)にフィールドを提供いただき作成しました。